コーヒーカップを使う朝食には、西洋的な癒やしがありますが、素材の違いによっては日本的な温もりも生まれます。
そのために、和食を食べるときにも使うことは可能で、用途の幅は意外に広いことになります。陶芸の産地では、コーヒーカップを製作する作業も盛んに行われ、日本的な装飾が随所に施されます。
絵付けの技術によって、表面には絵画のような美しさが生まれますが、実用性も兼ね備えたバランスがあるのも特徴です。
コーヒーカップを使うことによって、日本の食文化は洗練されて、喫茶の文化をさらに開花させたことも重要です。



日本には昔から茶を点てる習慣があり、庶民の間では煎茶を飲む習慣が生まれていました。

近代化以降になると、西洋からも喫茶の習慣が伝わり、コーヒーの美味しさが紹介されたことは、多くの人にとって驚きでした。

独特な苦味や酸味が特徴でありながらも、飲むことに憧れる人が多かったのは、映画で見た食事風景に影響されたためでもあります。



今の日本の家庭では、コーヒーカップは欠かせない食器となり、湯呑み茶碗と同等の地位を獲得するようになりました。
喫茶店では特に味わい深い作品を用意して、コーヒーの美味しさを最大限まで引き出すこともあります。

一般家庭で使う場合には、自分専用のコーヒーカップを使うことも多いために、個性的なデザインが必要になります。

陶器の作品を使う場合には、手で持ったときの温かい感触が素晴らしいですから、自分専用で使えば優越感も味わえます。

今すぐ見つかる産経ニュース情報を選びました。