ガラス製でも耐熱性のあるコーヒーグラスは、アイスのみならずホットにも使用することができることに加え、横から見ると、層になって見えるような綺麗なアレンジコーヒーで特に引き立ちます。

そこでここでは、アレンジコーヒーのレシピを2つ紹介します。

まずはじめはベトナムコーヒーで、専用のコーヒーメーカーを使用します。

作り方としてはあらかじめ、コーヒーグラスにコンデンスミルクを入れておきます。



専用のコーヒーフィルターにコーヒーの粉を入れ、コーヒーグラスの上に載せます。
次に縁いっぱいまで湯を180ml注ぎ、フタをしてドリップされるのを待ちます。

コーヒー液が落ちきったらコーヒーフィルターを外し、コンデンスミルクを溶かしながら飲みます。
出来上がったベトナムコーヒーは、横から見るとコンデンスミルクとコーヒーの2つの層ができている状態を見て楽しむことができます。次に紹介するレシピは、オーストリアの定番メニューであるウインナーコーヒーです。

最近話題のガジェット通信関する便利な情報が満載です。

このレシピではまず生クリームを泡立てて、甘みのないホイップクリームを作ります。

次に深煎りコーヒー100mlを温めた耐熱グラスに注ぎ、コーヒーと同量のホイップクリームを表面全体に覆うように浮かべます。



最後に粉砂糖で飾れば出来上がりです。


本格的なウインナーコーヒーではコーヒーカップは使わずに、コーヒーグラスを使用することが特徴です。


ホイップクリームは、溶かしたり混ぜたりせずに、そのまま飲むのが本場流です。